虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

糸を手繰る

 お蔭様でタッセルインストラクターコースを 無事修了しました。
 
”糸をクルクル巻いたり廻したり 糸と糸を撚り合わせたり 別な種類の糸を必要な適所にあてがう感覚が 心地良い手作業の時間でした。
 
提出する作品の仕上げで タッセル下部をパッツリ切るときに 道具のハサミの切味悪くて最後の最後に苦労しました。         
                              
 
私は”刀剣好き”なので お気に入りのハサミを後でゆっくり探すことにして 早速近所の鋸の目立て屋さんに40年物の庄三郎の裁ちばさみと 札幌”宮文の両刃包丁”も砥ぎに出したところ 全然切れ味が違いました。
 
糸と人は結んだり繋いだりすることも大事だけど 糸なら道具を選んで作業をすることも大事。
ましてや人なら結んだご縁を 上手く綺麗に切るためのタイミングや気持ちを図ることは とても大事なことに思えます。。。
 
イメージ 1