虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

金華山の神様の思し召し

 2002年の5月初めから 立て続けに津波や龍の夢を視せられて 内容に疑問を抱いて夢の中で問いかければ 答えを含んだ夢を早々に視せて教えてくれる。
謎解きゲームような夢のお告げの能力開発レッスンが 始まりました。
 
そんなことが繰り返されているうちに メッセージ性がある衝撃的な夢を視たのが2004年6月中旬。
それは 海に浮かぶ二畳くらいの岩場で行われるご神事を 私一人が真正面から見ているものでした。
「これってご神事!!この場所には 唯一私だけしかいないけど 私がこの場所に居て良いの?」と 戸惑いつつ 夢の映像に寝ているはずの私が問ってました。。
 
母の一周忌が済んだ2005年に 三陸で龍を祀る神社と言えば金華山かもと 思うようになり 三陸沖に浮かぶ金華山では 龍神祭りが初巳大祭と龍神祭りが年2回執り行われるけれど 龍が生まれるご神事は ”初巳大祭”と目星をつけて島渡り。
 
その日大勢の観衆の中で 「夢のお告げのこと。ご神事のことを問うてみよ!!」と 神様から示唆されて声をかけたのが 今でもお付き合いがあるご神縁で結ばれたMさん。
あれから13年を経て 私は新たな想いを抱いて 今年の”初巳大祭”に向かいました。
 
本来は夫婦で参列する予定が 飛行機の予約時に何故か夫がアレコレ言い出したので面倒になり 「私一人でも行く」と覚悟を決めて 列車とバスと船を乗り継いで島に渡りました。
 
大型連休の終盤 千歳空港は混雑していて30分遅れで飛行機が離陸。
10時前に機内から見えた牡鹿半島の先の ピラミット型の金華山は穏やかで 綺麗だったのに3時間後・・・。
 
イメージ 1
 ※ 漫画家・石ノ森章太郎仮面ライダーや サイボーグ007 猿飛びえっちゃん等 駅舎の各所で見られます。
 
イメージ 5
 
イメージ 2
 
イメージ 3
石巻駅発11:30の宮城交通バスに1時間半乗って 鮎川港に12:26到着。
「イザ 金華山へ!!」と 鮎川港で船の切符を求めれば 「本日は金華山島への船は10時半迄で 全便欠航になりました。」とのこと。。。
案じていた最後の難関が抜けられません。
 
目の前の鮎川港は 東日本大震災で甚大な被害を受けて復興したばかり。
ここまでは辿り着きたけれども 海に囲まれた島に行きたくても「波が高くて船が欠航した。」ただそれだけのことで 海に対して文句も何も言えません。
 
とは言っても私は 金華山黄金山神社の参籠に宿泊予約をしていて 一番祈祷を受けて 本殿の開扉に彫られた二匹の龍神様に会うのを 楽しみにしていました。
ボランティアで常宿しているMさんと 夕食後にゆっくり歓談して 7年前の”金華山の神様ミッションのその後”を確認したかった。の想いが募ります。
 
3時まで 急遽予約した観光協会紹介の民宿の出迎えを待つにしても 復興工事中の鮎川町中には行く当ても無く 何かをどうにかしたくても敵いません。

霧に包まれた海を泳いで渡ることもできず 一人ポツンと荒海を眺めて 時間をつぶすしかありません。。   
 
1時間くらい黄昏ていると 白い着物に紫色の袴衣装の神社の方と背広の男性二人が 海上タクシーのオーナーと 話をしているのが目に入りました。
更に30分が経過して波が低くなったときに 「船が出航する!!」と言って 神社関係者2名の方が 私の脇を通り過ぎようとしました。
思わず私は「参籠に 宿泊予定の札幌の者です!!」と声をかけました。
 
私が参籠宿泊者であることを把握していた様子の神社関係者の方に 「泊って早朝の一番祈祷をお受けしたい旨と 欠航により仕方無く民宿に予約入れたこと」もお伝えしました。
 
図々しさに呆れたと思いますが 黄金山神社の初巳大祭に 必死で遠方から辿り着いた私の気持ちを察して下さって 一言。
「民宿をキャンセル出来たら 急いで乗って下さい」と言って頂きました。
 
やはり外海は波が高かったのですが 諦めていた金華山に奇跡が起きて渡ることになった私には 大きく揺れる波も 激しく上下にする船も気にならず船酔いもしませんでした。
イメージ 4
船内では 袴姿の方が 「どうしても石巻に用事があり 急いで出かけた。この格好でなければ海上タクシーも 無理に出航してくれなかっただろう」とお話してました。
 
私にはその方が 黄金山神社の神様が遣わした”お使い人”にしか見えませんでしたが 翌朝5時半の祈祷時にその方が進行役だったので ”あの船がもしが出航しなかったら・・・”と思うと ヒヤリとするものがありました
 
2時半に島に到着すると境内の人達全員が 「奇跡的に船がでて良かった!!」と喜んでくれました。
「今日は 島に渡れないです!!」と連絡をしていたMさんも その日現れた私に 「さすが!! 神様のご加護があって良かった!!」と驚いてました。
 
直後に日没と雨を気にして私は 7年年前に訪れた聖地の震災後の形跡を確認するため 山頂まで445M+αMの場所を修験者のようにめざし 往復2時間半の強行軍で駆け抜けてきました。
 
不思議なことに私はどこの聖地に行っても 辿って行く道筋が良く見えて とても健脚になります。
 
余談ですが 金華山に渡る船は 事前に「往復の船切符を購入」するのが原則らしく 切符が無くて島入りした私は 帰りに定期船に乗るとき「切符を持たずに どうやって島に渡ったのですか?」と尋ねられ 「神様と神社さんと 神様たちのご厚意で渡りました」と 言葉少なく答えてました。
夢か現か 金華山滞在中 私は  不思議空間に迷い込んだ存在しない人間になっていた様です。
 
金華山黄金山神社神様から夢のお告げに導かれて12年が巡り この度の”奇跡の渡航”は 新たに神様ご縁が始まった"兆し”と そんな風に考えています。