虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

痺れる辛さの175°DENO担担麺

f:id:nijinoringo:20200212124736j:plain


雪かきに疲れて 家に籠る両親を気づかう息子に連れられて 担々麺を食べに行きました。

と言いたい所ですが 実は華ちゃんのママがお仕事なので ”孫の見守り”も兼ねてのお誘いだと思います。

 

「何か食べたいのある?」と聞かれて 「華ちゃんと一緒なら 何でも良いよ」と言ったものの まさか”痺れ担坦麺店”に連れて行かれるとは 思ってもいません・・・。

 

辛いのは平気ですが 初めてなので「期間限定マボー麺」を シビレ無しで一先ず注文したけど 痺れさが足りず 赤と青の花椒の辛みを増し増しに。

スープの旨味が 太めの麺に良く絡んで美味さが止まらないよ油断していると ピッリっとした辛みの美味さが後から追いかけて来る。

2度味わう旨辛さに箸を進めながらも トッピングの肉そぼろやカシュナッツの食感も絶妙な食感でジワジワ効いてる。

 

「これなら痺れ坦坦麺” また食べに来ても大丈夫」と息子に言えば 「新しい味にチャレンジしていないようだから この店へ連れてきたんだよ」と笑ってました。

 

聞けば社長直々 中国の農家から厳選花椒を買い付けてるとかで 店内にはラー油瓶や 花椒の量り売りもありました。

何やら花椒にハマった私は 購入した赤・青花椒を 豚汁や鍋のときに投入して”味変”を楽しんます。

 

https://www.175.co.jp/