虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

出世街道まっしぐら  ~島耕作~

 飛び飛びに読んでいた島耕作を、この夏私と息子・空豆とのミーハー親子コンビは、古本屋を回り、コミック本・島耕作を揃えるだけ揃えて、一気に読み込み勉強し直すつもりでいます。
イメージ 1
既に島耕作は、「社長島耕作」に就任しているのですが、以前読み落としていた「ヤング島耕作」、「主任島耕作」シリーズもしっかり揃えました。

「告白」湊かなえ著と併読しながら、昨日無事「取締役島耕作」まで完了です。
 
空豆君のガンバリ?で、早分かり「島耕作クロニクル(1970~2006)新入社員から常務まで~」もあります。
 
イメージ 2
 
目の前に文字があるとつい読んでしまう元々活字中毒気味の私は、美容と睡眠不足を考えて悪化させないようにしているのですが、つい進行中です
 
一流企業に就職した島耕作が、目まぐるしく変わる社会状況の中、転勤や出向の年月を経て どんどん出世する「男の成長ロマン物語」。

別世界に身を置く私が読む私ですら 「今の日本にこそ、島耕作は必要だ!!」と思います。

漫画家・弘兼憲史さんの 時代を読む主眼と、綿密な取材の手腕を発揮した、数々の作品に感心しています。