虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

アクセスバーズのプラクティショナーになりました!!

 2年ぶりに連絡がついたTさんは これまで自分が学んだことから距離を置き ”脳の断捨離”"脳のデトックス”と言われるアクセスバースのファシリエーターになっていました。
空白の時間を埋める話と バーズのことを知りたくて 結局翌日会いました。
 
話しているうちに 家族以外でも仕事でセッション可能な プラクティショナークラスを受講した方が良いとなり 思わぬ展開で修了書を無事頂きました。
 
アクセスバーズのことは後日お知らせしますが 初”脳の断捨離”アクセスバース体験は とても貴重な素晴らしい体験でした。

バーズセッションの感想は人それぞれで 私の場合本来の”エナジーを通す”意味合いとも違う感じですが 過去世の記憶や 思い込み・刷り込み等が”ストーリー性のある映像で 次々と現れました。
 
原因となった価値観が刷り込まれた場面から それを消去した後の様子までを ”ショートムービー”状態で視たので その都度 自分で納得して知識や情報を消去できました。
 
たぶん私の脳裏に浮んだクリアな映像は Tさんの霊的資質と私の霊的能力 お互いの技量磨きや信頼関係とが絶妙にマッチングし 不要なものを手放して空いた領域に 更に容量の大きい能力を備えることができた。と思います。   
別な方からセッションを受けた時ときは ただ安眠してましたから ”相性の妙”もあるのかもしれません。
 
 
例えば こんストーリーです。
~~~ 薄黄色の漆喰壁に窓が並ぶ 学校のような大きな建物が視えます。
「この建物は何?」と心の中で問うと 「魔法学校」と返事が返ってきました。
「魔法学校と言っても ハリーポッターが通った ホグワーツの建物とは違う」と思いつつ眺めてます。
 
「お前が過去に この学校で習った魔術や呪術の記憶を消去しても良いか?」と聞かれ 時代遅れの情報は必要ないので 「ハイ」と即答です。~~~~
 
頭部の触る場所を変える度に場面が変わり ”消去”を問いかける存在に 「こんなに 消去することをためらわない人間も珍しい・・・」と言われました。
 
現実社会で充分自分と向かい合い ”必要と不必要の区分け”を済ませたから このタイミングで膨大な不要情報を あっさり消去することができたと思います。
 
あとは必要な最新情報を その時々で入手するだけです。
 
イメージ 1