虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

台風10号東北・北海道上陸

 ただ今大型台風10号が 北海道に上陸中です。
雨脚も強いのですが 突風が吹く度に我が家が揺れます。
 
宮城県岩手県の県境を 真横に横断する天気図を見て まさにど真ん中に位置する 東日本大震災の被災が大きい鹿折地区の実家に 一人で暮らす父のことを思っていました。
昨夏 老父は熱中症になり 仙台の妹の元で平安に暮らしていたはずなのに・・・。
何を思ったのか数か月前 被災して消えた町の復興工事を急ぐトラックが ビュンビュン行きかう鹿折に戻って暮らし始めました。
 
不便だろうにとか・・・ 知り合いがいなくなって不安だろうに・・・と思った所で後の祭りで 事後承諾で戻ってました、
普段のときは 余生を好きなように暮したい父の気持ちを汲んで 世間や近所の思いを知りつつ静観していますが 今日みたいな災害の日は 老化が進む父のことが心配になります。 
 
よりによって巨大台風が 大震災に被災した人達が住む 故郷・気仙沼を通過するとは・・・何ともいえません。
 
見えない世界を語る方々より かつてカルマがある土地の浄化とか 浄めのために災害や雨風の自然災害が襲う。とお聞きしたことがありますが その土地には人々が生活している訳ですから 二重苦 三重苦・・・これ以上の苦労は勘弁して下さい。と私は祈ります。
 
 
                             ※ 台風通過の翌朝に咲いたクレマチスブルーベル
イメージ 1