虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

2017 山下達郎 苫小牧ライブ観戦 ~PERFORMANCE~

 弾丸沖縄市ライブを観戦してから 1年4カ月ぶりの山下達郎ライブ。    
                 2016.4.10→    山下達郎ライブ千秋楽 沖縄観戦
 
札幌ニトリホール2日間のチケットは取れず 唯一獲得できたのが札幌から特急列車で1時間弱の苫小牧ライブ。
2008年のライブ復活から欠かさず通っているので 道内観戦だけでもラッキーです。
イメージ 1
1600人収容の苫小牧市民会館大ホールは 達郎さんこだわりの音響の良いホールで ライブ歴42年でも初上陸の会場とか。
 
”初山達ライブ”の観衆が 約半分にもかかわらず 達郎さん曰く「とても良い気を発する 良いお客さん!!」とリップサービスまでしてくれて   最後までノリノリの演奏で 声も伸び伸びのまま 北の熱帯夜ライブを楽しませてくれました。
 
会場には冷房が無く 観衆でさえ汗ダラダラで 拍手する手もベタベタだったので   ギターを弾きながら声を張り上げる達郎さんや達郎バンドの人たちは とても過酷なライブだったと思います。
しかしそこはプロ魂で ハイクオリティな演奏を維持してましたが 還暦過ぎの自虐ネタMCで 「この暑さは 老人虐待に近い!!」とぼやいてました・・・w
 
ライブが復活した当時 原稿通りの尖がったMC進行だったのに 年齢を重ねて円熟味が増し 観衆との掛け合いを楽しむ余裕も出て来て 自分の言葉の詰まりをネタにて会場を沸かしてました。
 
セットリストも”わかりやすい曲”を揃えたようで 馴染み曲が多かったです。
特に OPUS初回ボーナス盤収録のあの唄や 若かりし頃に提供したハイティーンな曲を 生達郎で聞くことができました。
 
珍しく最後に投げかけた言葉が 人生の酸いも辛いも知った上で ライブ会場に足を運ぶ社会の中核を担う同世代のファンに 「世の中には不穏な空気も漂っているし 自然災害も多くなっているけど 皆で助け合って乗り越えよう!! 」でした。
      
さらりと発した言葉が "助け合おう‼!"だなんて達郎さんらしいし 達郎さんが伝えるから滲みた言葉です。。。
 
「どうせ歳を取るなら 格好良く歳を取ろう!!」にいつも励まされます。
最高のライブをありがとうございました。 また観戦します。