虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

神様から勧められた「引退」

 私がMさんの”引退”を知ったのは 「今年は 初巳大祭に行けません」の連絡をした 大祭前日の5月5日。  4カ月前のこと。
 
いつものMさんとは様子が違っていたので 「今 どちらにいらしゃるのですか」とお尋ねすると 「家がある地元に戻って来ている」とのこと。
 
東日本大地震後 7年間続けていた奉仕活動を途中にして 島を去ることになった経緯を あまり語りたく無さそうでしたが その理由に私には 思い当たる節がありました。
 
1月11日に黄金龍神から 突然「Mに メッセージを伝えろ!!」と言われて 渋々と応じて降ろした内容が 「足腰が丈夫なうちに・・・ 足元が明るいうちにetc…早く 島を去れ!!」と これまでにないくらい強い言葉でした。
 
強い言葉にたじろいで 年上のMさんに ことの全てを把握している訳でも無い私が どこまで踏み込んで伝えたら良いのかと考えて 二日間に渡って”やんわりモード”でお伝えしたのですが
果たして 事分けがちゃんと伝わっていたか疑問でした。
だとしても 神様メッセンジャーとしての私のお役目は そこまでです。。。
 
Mさんが 神様の”強い言葉”の真意を知ったのは 2018年3月11日から数日後のこと。
 
その日 余生を復興事業に奉仕するつもりでいた80歳のMさんでも 耐えられないことが起きてしまいました。
 
「これ以上 自分はこの島に居てはいけないと感じて 当日中に部屋を掃除して去った来た。」とのことでした。
 
「自分は 二度と島に渡ることは無い」と Mさんは決めていたのですが 「今住んでる場所で 奉仕活動とは違う関り方で 神様ご奉公をしながら 次世代との交流が始まるようです!!」と 私は笑いながらアドバイスしました。
 
 
2011年 日本の自然災害ののろしを上げた”試されし土地” 三陸
 
そこに住む再生の人々も 7年の月日を経て心の持ちようが変わった人。変わらぬ人と様々です。
 
人の世の都合を承知の上で 神様から伝えられた言葉を Mさんに”引退を勧める言葉”として 伝えることができました。
 
 
2018年の3月11日以降 ”メビウスの輪”の裏と表が人知れず入れ替わり 自然災害は更に増してきたように思えます。
ものごとの裏と表が替わったとき 各地の磁場も 人間が気づかぬうちに粛々と変わっているように思えます。
 
人の世の都合を優先させてしまった結果 その地を守護していたはずの神様や龍神が去り その地に 新たに格の低い竜神が就くかもしれない。 
神様の格が下がったもおが その地を守ることになることを このブログを読んでいる方々には察してもらいたです。
 
神様と龍神様が住みなれた地を後にするのは ”心あるものが 自分の近くに居なくなった そのとき”なのかもしれません。

               2018.7.26→夢の中で 黄金の龍王神が語った言葉