虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

2019年夏至翌日 シリパ岬

 フゴッペ岬の余市側の先にあるのは 三角の流れが美しいシリパ岬。
 
7日に後志の蘭越町上空を 米軍戦闘機が低空飛行して住民が苦情申し入れしたり 夏至前には豪雨と雷が続いて付近一帯停電になったり。。。
最近では スピ系の人たちが パワースポットツアーを組んで訪問しているようです。
 
 このブログ「虹の旅人」の名は 1999年10月のドライブ中 この地で海から二重虹が生まれる瞬間を写真に撮ったことがきっかけで付けました。
 
そのとき私は一眼レフカメラに凝っていて 道路から浜辺に降りて撮影したのですが シャターを切ることに夢中で 場所をよく覚えてませんでした。
 
2011年3月に入り 遠い過去生でフゴッペ岬で祈る巫女の自分を夢の中で頻繁に視て 東日本大震災の後に 1999年当時の記憶を頼りに”この地”を探しに来ました。
 
薄い記憶は トンネルと海岸工事で更に曖昧となり トンネルを何度も行き来して ようやく二重虹が生まれたこの地に辿りつきました。

その日震災で故郷が壊滅した私は 鎮魂と希望の祈りを捧げて グッタリと疲れ果てました。
それなのに耳元には 「山に行け!! そこから海を眺めろ!!」と見えない存在から指示が入り 夫が運転する車で山側に行くと 代々山の土地を守るNさん一家と出会いました。
 
今年の夏至翌日 8年ぶりにNさんと再会して一緒に夕陽を眺めました。
 
虹の旅人は 10年間の歳月を一巡り
           2018・7→    夢の中で 黄金の龍王神が語った言葉

イメージ 1