虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

「天使が遊ぶ庭」 アレコレ構想

 北海道も気温が高くなり 雪解けが進んで ようやく春が感じられるようになりました。
 Myガーデン 「天使が遊ぶ庭」は庭終いまでを考慮した25年計画です。
 
今年2年目のテーマをアレコレ構想してみると 北海道の気候に合う宿根草を植えること。 
ベランダ下の目隠し用フェンス作ること等 各方面からカタログを取り寄せて検討中。

ガーデンデザイン計画としては 花の雰囲気を統一したり テーマに合わせた花苗を計画的に植えれば 庭に綺麗になるだろうと思ってますが。。。
インテリの仕事をしているので 花苗の選択や デザイン計画をすることで美しく仕上がることは 頭ではちゃんと理解しているのです。
でも「天使が遊ぶ庭」に関しては 私の閃きや感知感覚を優先させてから 花苗やデザインを考えたい。
お花の専門家におススメされた植物でも 私が惹かれなかったら植えない主義を貫くこうと思っています。
 
その時その場で閃いた 私のインスピレーションで購入した植物を 植物と会話しながら 植えたい場所に植えて行くことになるでしょう。
 
自分のセンスと感覚を信じて 自分の庭を好きなようにいじって楽しみたいから私は 昨年一人で頑張って 細くて長いレンガの小道を造ったのです。
 
人様からの”綺麗とか美しい”の言葉を求めず 庭の植物たちが生命力に溢れて育ってくれたらいいな。
こぼれ落ちたさまざまな花の種が咲き  グチャグチャだけど何故か統一感がある自然界の花畑みたいになったらいいなぁ。と願ってます。

植物から発せられる生命エネルギーを 庭に遊びに来た天使達や私にも分けてもらえたら嬉しいです。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
                        ※ 下見に行った苗物屋さんは まだ雪の中

 

~~小さな宿根草庭に「天使が遊ぶ庭」と名付けた理由~~

私が生まれ育った実家には 亡くなった祖母が 代々霊能家系の生家が祀る駒形神社を勧請した大きな祭壇があり 三陸の人たちのために神仏を降ろして 託された言葉を伝えてました。 
2018年生家を取り壊した際に 祭壇も無くなりました。
 
その頃既に 私にも生粋霊能力があることを自覚していたのに 実家の神事を継げなかった無念さで 守護神様に問うと「形あるものは受け継がず 形の無いものを受け継けばいい!!」と伝えてくれたのです。
 
それならいつも見護ってくれる神様や龍神たちと 自宅の庭で対話しようと考えて
「どんな庭にしたら 神様と一緒にいられますか?」と 守護神様に問いかけると 上の方から「天使がーーー庭」と聴こえました。

よく聴きとれ無かったので 「天使が遊びに来る庭ですか?」と聴き返すと 苛立った声で再び上からぶっ!!」と 聴き取れなった箇所だけの訂正が入りました。

案内役の天使が遊ぶ庭であれば おのず・・・という訳で 神様の意図を汲み

『天使が遊ぶ庭と名付けました。