虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

気仙沼を想う

 先日は「桜が咲いて綺麗だったね。」なんて 気仙沼の同級生達と 喜びのメール交換したばかりなのに 
 一昨日から続く大雨で 気仙沼の大川付近に避難勧告が出され 地盤沈下した場所の仮設住宅と車の冠水が報道され 地盤が下がったり 緩くなったりした被災地では 更に被害が拡大してます。
 
昨年の雨台風のときもそうなんですが 東日本大震災で被災した方々に これ以上 精神的・肉体的な負担をかけないで欲しいです。
 
このことを私は 誰に向かって言ったらいいのかわからないけど もう勘弁して下さい。と祈ってます。
 
美しい気仙沼の町が 見る影もなく姿を変えることは 地元に住む人達だけではなく その地に生まれ育ち 遠く離れた故郷を 誇りにして頑張ってきた者達にも 耐えがたいことです。
 
※ 震災時に 無事避難したChieちゃんの携帯に保存されていた画像です。
 
イメージ 1
   7・8年前の桜が満開の大川べり
 
 
イメージ 2
 数年前のライトアップされた内湾・五十鈴神社の浮見堂