虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

朝ドラ「おかえりモネ」が終わり ロス中です。

 震災から10年目の2021年春 朝ドラ「おかえりモネ」の舞台が 私の故郷・気仙沼と決まり 脚本は「きのう何食べた」の安達奈緒子さんで 主人公・モネは静かな感情表現に定評がある 清原果耶ちゃんと発表されて以来 楽しみにしてました。

 

その後コロナ禍が起きて 気仙沼での撮影が短時間となり 放送開始が5月中旬と遅くなって心配してたのですが 気仙沼の友人たちから「おかえりモネに エキストラ出演したよ!!」のメールが届いて 始まりを心待ちにしてました。

 

たぶん私は 他の方と違う見方で毎朝「おかえりモネ」を観ていたと思うのですが。。。

主題歌・BUMP OF CHICKENの「なないろ」の曲が流れるオープニングでは 亀島と呼ばれた大島や 出航船が停泊する内湾の「風待ちの街並み」が 一瞬映って懐かしかったです。

 

気仙沼編の度に 現在の気仙沼市内の風景を探してました。

りょうちんと新次さんが住む仮設住宅の周辺が 5年前に帰省したときと変わってなくてガッカリしたり 亀島に竜巻が襲い 東京にいるモネが菅波先生の後押しで 一ノ関からタクシーで「気仙沼大島大橋」を渡って帰るシーンに ウルウル涙してました。

2011年3月11日 モネは受験で 父親・耕治さんと仙台に行ってました。 地震津波後の夕方 内湾に火災が発生して延焼した大島には帰れず 安波山から島を見て泣いてました。

数日後にようやく臨時船で帰宅したのですが 2019年4月に完成した橋(通称・鶴亀大橋)を渡って家に帰ることは 地元民 特に大島に生まれた人には悲願だったはずです。 

因みに 安波山から見ていたあのシーンこそが 当日番組撮影で気仙沼入りしていたサンドイッチマンのお2人が 避難して見ていた光景です。

札幌に住んでいた私も 北海道からの交通網が寸断されて帰る術が無く 絶望してました。

 

15歳のモネが あの日抱えてしまった大きな負い目と 55歳の私が気仙沼・鹿折地区に帰る度に感じた ”戦場から一人離脱して 平穏な暮らしに戻る”後ろめたさとは 似て非なるものでしょうが 当時の記憶を色いろ重ねて観ていたのです。。。

 

札幌の友人からは 「朝ドラにしては 地味で暗いドラマetc」とも言われましたが 「被災した気仙沼の現実は あんなものです」と平然と答えてました。

10年経ても 震災の当時者とそうじゃ無い者の相違・思惑は微妙にすれ違い ましてや言葉にするには難しく 相手を思うからこそ言葉にできない加減を 安達先生は優しく丁寧に文字にしてくれました。

そして女優の清原さんは”細い糸を紡ぐ”ように 真摯な言葉で素直に語ってくれました。

 

「おかえりモネ」の中で被災した登場人物が 各々の立場で 胸の内を語った場面がありました。 あの日を知るテレビを観ていた人たちは その言葉は「自分が言いたかったこと。思っていたこと。伝えたことだった」と 改めて気づいた人がいたかもしれません。

けっして声高には主張はしなかったけれど 傷ついた人たちに寄り添うときや 自分は大丈夫と言う人にも お互いの温もりを伝え合うヒントを教えてくれた 名作かと思います。

 

余談ですが 「おかえりモネ」がきっかけで 私には嬉しいこともありました。

被災して多くを失った地元友人と久しぶりに 登米森林組合のさやかさんやオバちゃんたちと一緒になって 気象予報を目指すモネと 人と接することが不器用な医師・坂口健太郎さんが演じる 誠実な菅波先生とのスローな恋愛にやきもきして メールをやり取りしてました。

 

/p>

震災以降 何となく気まづいままだった友人とは 「気仙沼では 私たちがお年頃のとき ”嫁にするなら唐桑女 婿にするなら大島男”」と言われて りょうちんやお酒好きで色気ある新次さん 男気ある龍巳爺ちゃんみたいな マグロ船に乗る船乗りさんが 沢山いたよね~」「私たち鹿折女は 枠外だったね」と 笑い話もできました。

 

【祝】気仙沼大島大橋が4月7日に開通! | 【公式】気仙沼の観光情報サイト|気仙沼さ来てけらいん (kesennuma-kanko.jp)