虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

息子が父親を誘って 晩秋の湖水巡り

 f:id:nijinoringo:20211029222213j:plain

札幌市内の気温は日々低くなり いつ初雪が降ってもおかしくない程 冷え込んできました。

 

仕事に追われている息子から 昼前に突然電話が来て「良かったら ご飯でも食べにいかない」と誘いがありました。

珍しいことなので「どうしたの?」と訊ねると 先日NHKで放送された俳優・堤真一さんの「ファミリーヒストリー」を観て 古希を迎えたばかりの父親と自分との関係に何かを感じたようなのです。

 

息子が小さい頃 20世紀の日本経済を支える企業戦士の夫は 出張のため不在がちでした。 

成長してからは 性格も趣味も違う父と息子は 親密とは言い難く かと言って疎遠でもなく 母親の私を介して”何となく家族”をしてました。

 

そして”親との関係”に束縛され続けた私たち夫婦は 子どもに同じ思いをさせたくなくて 親を想う気持ちは 自分たちの後ろ姿を見ていれば芽生えるだろうと しいて教えませんでした。

ここに来て40歳過ぎた息子から 年老いて行く親のことを 気にかける風もない言葉を聞き 一抹の淋しさを感じてましたが 自分たちの未熟な子育てのツケが回ったと思ってました。

 

周りに縁戚も支援も無い両親から精一杯庇護された息子が いつの日か父親を失ったとき「親孝行をしておけば良かった」と 後悔をする日がきっと来るだろうと 私は思ってました。

自分の家庭を築き 「父親が どんな思いで自分たち家族を守ってきたか」を知ったときに 何を学ぶかは「本人次第だろう...」とも思ってました。

 

f:id:nijinoringo:20211029222654j:plain

 

息子には 週末は家族と一緒に過ごしてほしいと願っていたら 何を思ったのか平日の今日 スパイシーなカレーをご馳走してくれた後 ジャストタイミングで紅葉した湖水に 私たちをドライブに連れて行ってくれました。

 

「親孝行をしたいときには 親は無し」を 何処かで学んだようです。

 

f:id:nijinoringo:20211029222320j:plain

 

f:id:nijinoringo:20211029230128j:plain