虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

深夜に 宮城・福島に震度6強の地震なんて

f:id:nijinoringo:20220317214805j:plain

 5日前 東日本大地震から11年目の復興した故郷・気仙沼に向けて エールを送ったばかりなのに・・・。

就寝前の11時36分には地震アラームが鳴り 札幌でも揺れを感じて 震源地が東北・福島沖と知りました。

 

テレビ画面に流れる東北各地の震度情報に 独居の父親と連絡が取れなかった11年前の5日間の記憶が甦り 「今は仙台の老人ホームに入所しているから大丈夫」と自分に言い聞かせ 朝になって施設に連絡を入れると94歳の父親は無事とのこと。

停電が朝回復した父の施設では 暖房のない寒い夜を一晩過ごしたようで 老朽化した建物の被害状況はまだ把握していない様子。

遠方からコロナ禍で面会も出来ず 連絡手段を持たない父親の安否を問い合わせる娘の電話に 落ち着いて対応にしてくれたスタッフさんに感謝です。

  

距離を置く 妹家族も無事とのことで一安心。

忙し気な話ぶりから仕事先の物が散乱した所に行く途中に 電話をしたようだった。

 

3年半前の胆振東部地震後のブラックアウト時には 札幌の私が案じて貰い この冬コロナまん防中の災害級の大雪と積雪量に驚かれました。

今回の強い地震で宮城の知人たちは 11年前の恐怖を思い出してました。

自然の天候や災害によって起きるとはいえ その度に生活の基盤も揺らぐ 余震の不安に怯えます。 心配の尽きない日本列島ですが 各々が命を大切に考えて 冷静な判断で行動したいものです。

 

nijinoringo.hatenablog.com