虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

真夏の 札幌新名所巡り

  ある朝 自分の気持ちを現すことが少ない夫が 私の不在中に 長男に突然電話を入れて「頭大仏に連れて行って欲しい」と言ったらしい。

連絡を受けた長男は 自分の要望を口にしない父さんから 「頭大仏のラベンダーを見たい」と言われ 「もし断って”あの時”と後悔したくないから 仕事を明日に回した」と 小学5年の漢字テストで「親孝行」の字が書けずに 満点を逃した者が語ります。

帰宅してからそのことを聞いた私も 慌てて外出手筈を整えました。

 

第一希望の「真駒滝野霊園内の頭仏大様」に行き まずはご参拝。

ラベンダーの開花には早かったので 世界平和を丁寧に祈ってきました。

 

次に夫が昼行きたかったお店は「スープカレー藍色」。

なのにお店は定休日。

その時点で長男が 父親好みに選んだ昼食場所が 知る人ぞ知る「元祖・長崎ちゃんぽん」のお店。

臭みの無い豚骨スープのすっきりした旨味の濃縮スープを 一口飲んで感動し 黙々と食しました。

全国展開のチェーン店のちゃんぽんとは まったく違う「美味しさ!!」です。

 

昼食を終えて 父親が見たいだろう「満開のラベンダーを求めて行った先が 札幌市内を見渡せる「幌見峠のラベンダー畑」。

近年この場所は 富良野に行かなくても「ラベンダー畑を堪能できる」と評判の 札幌新観光名所となってます。

開花にはやはり早く「平日にでも ラベンダーの開花に合わせてまた来よう」と 夫婦で話してました。

夏の昼下がりの帰り道に 長男が立ち寄ってくれたのが「俺が今 札幌で一番美味しい!!」とおススメする お花畑隣の「アイスクリームのお店」。

濃厚だけど後味に甘さが残ることなく さっぱりした口当たりのアイスクリームは 今札幌で一番美味しいかも。。。 

 

最後に案内されたのが 一周間前から「夏越しの”茅の輪”」が飾られていた神社の輪くぐり。

半年間のお礼を述べ 残りの半年の健康と家内安全を願いました。

  

コロナ禍で外出を躊躇っていた親たちを 「遅ればせながらの 父の日プレゼント」と称して 連れ出してくれてありがとう。

 

nijinoringo.hatenablog.com