虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

3月10日・・・

 3月10日は 私・虹りんごの年上の神様友だち・Mさんのお誕生日なので 本日「おめでとうございます
!!」の電話を入れました。
 
 
3年前の2011年3月10日 午後2時46分頃にも誕生日のお祝い電話で 前日9日に強い地震が東日本沿岸部にあったので 「太平洋のプレートが緩んでるから油断せず 必ず生きて再会しましょうね」と約束してました。 不思議な縁で出逢った二人なので その言葉で全てが通じます。
 
 
その半年前に訳あって100年続いた事業を閉める際 私は神様からのメッセージを降ろして”決断”するのお手伝いをしていました。  
 
震災発生時 気仙沼と同じく被害の大きい石巻のあの場所で そのまま事業を続けていたらゾーっとするものがありましたが 仕事を辞めていたMさんは内陸地方の娘さんの家で「孫育て」をしていて無事でした。
 
結果的に身体も財産も損害が無く そのことに感謝して 東日本大震災から3年間 震源地に最も近い金華山黄金山神社に専用部屋がある復興ボランティアとして 若い世代と共にご奉仕しています。
 
~3年続けてお参りしたら一生お金には困らない~と云われる金華山に これからご参拝する方や復興ボランティアに行く方は 素敵なおジイちゃん・Mさんを探して 「龍に乗った天女が舞い降りたスポットはどこですか」と 聞いてみて下さい。 私とMさんのレア
情報教えてくれるかも・・・
 
 
 
人生の節目に決断した”明暗”の答えは 少し年月が過ぎて解るのかもしれません
 
 
                                      イメージ 1