虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

過去生[レムリア]を辿る

 今月は盛りだくさんのスケジュール中 伊勢神宮ご参拝や 「レムリア!」記事をUPしています。
 
 「レムリア」とは遥か遠い遠い昔 海に沈んだ大陸と言われ 大陸があった場所は未だ解明されていません。
 
私が”夢のお告げ”で 黄金龍に呼ばれた2002年前から 故郷気仙沼・鹿折の町が 大雨や津波に襲われて洪水になり その中を幼い娘の手を引いて逃げ惑う夢を  何度も見てうなされて飛び起きてました。
 
1960年のチリ地震の余波で 三陸津波が襲ったとき 霊能者の祖母は情報網が無かった時代に”夢にお告げ”で 三陸津波が来ることを事前に知っていました。
当時初老の祖母が5歳の私を 背中に背負い町内に津波の襲来を告げて鹿折駅付近までようやく辿り着き その場所で波が止まって九死に一生を得ました。

津波に襲われて逃げ惑う夢を繰り返し私が視るのは チリ地震のときの記憶が残っているからと思ったのですが そもそも津波の恐怖を忘れているのにそんなはずは無いと打ち消し 他に思い当たることが 霊能家系の生家で祖母や父がいつも話題にする 夢で神様から視せられる「夢お知らせ!!」が私の身に現れたこと。。。

私が 東日本大震災で最大の被災地に生まれた話をすると ヒーラーや霊能者の人達は 「ムーとかアトランティスの過去生の記憶があるからだね」と言うのですが 「人間に過去性の記憶が存在するのですか~」と言われても ムーにもアトランティスにも違和感がありました。

震災から2か月後   「何故私が あの地の霊能の家に生まれ 夢の中で事前に大津波が来ることを知らされたのか。 それは誰が知らせたのか」 そのことは自分の過去生に関係しているのかを知りたくてヒプノを学びました。 

その後に知った「レムリア時代」に妙に懐かしい響きを覚えて調べると 当時のレムリアの状況と私が受け取った情報と重なり 2012年秋には米国のトムレイダーさん主催のセミナーパンフレットで目にした 「レムリア」の文字に反応して 一人でセミナーに参加しました。

そのセミナーには 後の関わった人たちや レムリアヒーラーのデボラ・シェイさんを招いた方も参加していたので その人たちとは「レムリアでの繋がり」があったのかもしれません。

 
その縁でデボラさんのセミナーに誘われたのですが アメリカと日本では 同じレムリアでも魂テーマが違うだろうし 風土や文化etcが異なれば精神性や解釈も違い魂テーマに違いがあるだろうと思い 参加しませんでした。
 
 
イメージ 1
  
トムさんの札幌開催2回目のセミナーに遅れて参加した私は 「資質が シャーマンです」自己紹介していたのですが その会場にはヒプノを一緒に学びインドに修行に通うヒーラーTさんも参加してました。

それから半年後 突然Tさんから 「自分もヒーラーでなくて シャーマンでした。だから虹りんごさんにも デボラさんのセミナーを受講してレムリアの魂テーマを清算し 現生で能力を活かして欲しいです」と熱いメールが届きました。
 
断り続ける私に 「自分が予約した個人セッション枠を譲るから 是非受けて!!」と勧められ誕生日のHAPPYな
流れに乗って 
デボラさんの「レムリアセッション」を受けてきました
 
 
「虹の旅人」 2014.3.31→ http://blogs.yahoo.co.jp/applejikan/26026831.html
 
 
                                                 つづく