虹の旅人

2011年3月11日 故郷が壊滅。 人生はNext Stageへ

竜くんの 幽体離脱

 このブログに何度か登場する現在埼玉住人のHさんから「札幌のイベントに参加するので 宜しかったら会いたいです」のメールが届いたのは数か月前。
 
去る者は追わず来る者は拒まずの私に 声をかけてくれたHさんに「この日の午後なら イベント会場に行けます」と返事。
 
会場に行ってみれば あのHさんがスピ系ヒーラー??としてテーブルに座っていたので吃驚。           
 
Hさんとの最初の出会いは 2013年頃私が開いたスピリチャルお茶会に 2回目から参加してくれて以来。
その日Hさんが部屋に入るなり 一緒に憑いてきた沢山の存在の気配を感じて 他の参加者に”悪戯しないよう 憑いて行かないように”と 浄化塩の近くに座って貰いました。
(この度ご本人が 「あの日 私だけ座る席を指定された」とぼやいてました)
 
当時各20分の持ち時間の中   訥々と相談事を語るHさんに 「私は見逃せない妙な気配」を感じて「身体の不調は霊障から??」と思いつつ 他の出席者もいるし 個人的事情過ぎて言葉にも出せずに躊躇してました。
 
翌月も出席したHさんの身体が気がかりで「負の霊的なブロックが感じられますが 心当たりはありますか?」とそっと聞いてみる と「やはり・・!?」でした。
 
かと言って私は 霊能者の祖母から神様を祀る家の者は「神様が嫌がる” 仏事や呪術”に近寄るな!!」と強く教えられていて それを解除する知識も方法も知りませんでした。 
 
何も伝えず視て視ないふりをすることは簡単だけど 「Hさんがこのタイミングで 私の目の前に現れた!!」きっとそのことに意味があるはず。。。
それに「霊能力を持つ者が ”負の呪術”を使って人を苦しめる」ことが 何故か許せなかったのです。
 
改善案をどうしたら良いか悩む私に   神様からは「大きな泥池」に例えられたHさんの映像情報が送られてきました。
今できることはせめて「澱んだ”泥池”に穴を空けて 少しつづ清い水を流すこと」と考えて Hさんと共通知人の男性ヒーラーに託しました。
 
しかし 術をかけた人と解除する知人男性の霊能力の差があり過ぎて 効き目が薄かったのですが Hさんは徐々に元気になり ある日突然嬉しい報告を受けました。
              201511.27→HさんのHAPPY報告
 
前置きが長くなりました。
あれから5年を経てHさんは SNSを駆使してヒーラーデビューをしていたのですが
スピ&不思議話に疎い私は イベント会場で行われる最新の”龍使い”やら龍セミナー話を面白く聞いてました。
 
友人達に 私を「能力を発掘してくれた恩人」と紹介していたので Hさんの今の実力を確かめたくて 会場でセッションごっこをしてみました。
 
イメージ 1

                                                                       ~つづく~