虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

黒猫たちに噛まれて リメイク手仕事

 昨日の札幌市内は暴風雪警報が出て 飛行機の欠航や JRの運休が相次ぎました。
本日はホワイトアウト状態の中で 私は雪かき作業です。
 
こんな日は外出を控えて読書するのですが 念願の手仕事の時間を確保。
 
普段は悪さをしない黒猫りぃちゃん(♀8歳)が どーもウール系の臭いに反応して 思わずカミカミしてしまうタイプの猫だったのです。
 
私の初給料で買ったオレンジの千鳥格子のマフラーにりぃちゃんがカミカミして パックリ穴を空けたときはショックでした。 (ほぼアンティーク物なので・・・)
 
りぃちゃんが次の獲物に 防寒必需品のアンゴラ入り折り畳み帽子を狙っているのを察知して バックに隠して持ち歩いてました。 
ある日帰宅して 置きっぱなしのバックから引っ張り出されて カミカミされました。
 
どちらも私のお気に入りのもので捨てられずいたので いそいそと針とビーズを持ち出して リメイク仕事に没頭してました。 
 
①大きな穴を繕うためには 花弁の大きい”梅の花”しか思い浮かびませんでした。
イメージ 1     
 
                                
イメージ 2
 
 ②圧縮ウール帽子の破れた縁をカットして その断片で”巻き花”を作り ビーズ刺繍して貼りました。
イメージ 3
                                
 
イメージ 4