虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

黒猫2匹の沐浴日

 我が家の黒猫夢々君♂は6月6日に 無事17歳となりました。
 
歯周炎になったり よだれをタラリと垂らしたり トイレ後に猫砂を足にくっ付けたままだったり・・・と色々加齢行動が目立ちますが 食べ物の盗人能力は衰えていなくて  目の輝きもあるし元気なので 取りあえずそのままに。。。
 
ただ寒さだけはめっきり弱くなって 少しでも朝夕の気温が低いときは 私の膝に直ぐ乗って来るようになりました。
「夢々君が膝に乗ると動けなくなるから ペット用カンガルーの抱っこひもを買わないとダメかも・・。」と娘と話している程です。
 
庭作業やら仕事やらに追われてた~まに家にいたら ここ数日札幌は25°越えの暑い日が続いたせいか 黒猫2匹の身体と猫用クッションから”プ~ン”と臭ってきました。
 
しばらく二匹をシャンプーしてなかったせいですが 歯肉炎になった夢々君がその唾液で毛づくろいすると臭いが増すらしく 猫同士でも黒猫・りぃちゃん(♀9歳)が 困った顔で夢々君の顔を見て 次に私に目で訴えます。
 
という訳で今日は クッションを買い替えて 黒猫2匹を沐浴をさせました。
 
イメージ 1
 仕上げの毛づくろいに没頭中の夢々君
 
イメージ 2
 仕上げは「お母さ~ん」とゴリョ~ンと寝っ転がる りぃちゃん