虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

札幌で 藤棚巡り

 ここ最近 鬼が藤の花を嫌って近づかないと言われる「鬼滅の刃」余波で 藤棚巡りが人気みたいですが そんなことを知るはずも無く コロナ規制延長で保育園を休んでいる孫たちと 市民の公園に藤棚を見に行きました。

開花の時期には少し早く 広い芝生を駆けまわったり 水辺をのんびり散歩して帰って来ました。

f:id:nijinoringo:20210604221458j:plain

f:id:nijinoringo:20210604220714j:plain    ※ レインボーチルドレンに 虹の光が降り注ぐ

 

 若干の物足りなさを感じていたら 急遽6月1日に長男が 孫・花ちゃん(4歳)と私を 限定2時間のドライブに連れて行ってくれたました。 着くまで知らされなかった場所が 札幌最古の藤の花が見られる平岸の「天神藤」。

 

昨年は コロナ感染対策で閉鎖してたのが今年は公開され 樹齢200年の樹木が幾重も絡まり 堂々たる年月を感じさせます。

広範囲に咲き誇る藤の花は たわわに垂れ下がって咲き あたりに芳香を漂わせていました。 

 

遠い昔より サホロの地を見届けて来た藤の優しい花色が コロナ自粛に疲れた私たちを癒してくれました。f:id:nijinoringo:20210604220816j:plain