虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

沖縄旅行 こぼれ話・・・

 奇跡的に千歳空港に着陸し 空港から乗った高速バスは 視界良好になって一斉に動き出した車の渋滞に巻き込まれてしまいました。
 
「このままでは札幌市内はもっと大渋滞のはず・・・」と判断し 地下鉄の乗り変えバス停で途中下車し 遠回りだけど雪害の影響の無い地下鉄に乗り継ぎ最寄駅に降り 雪が止んで視界開けで待機していたタクシーで帰り 自宅に予定の1時間遅れでまずは到着。
 
 通ったメイン道路の路肩には 出発した17日より倍以上も雪が積もり 車一台がやっと通れるくらいの道幅となり 異常な雪害の気配が残ったままでした。
 
イメージ 1
 
冬の北海道この時期に戸建ての家を空ければ ”雪の影響は多少はある”と覚悟はしていたのですが 家番&猫番の娘が居たので 思い切って沖縄の旅に出かけた訳です。
 
しかし私が札幌を留守にしている間 予想外のことが起きたようです。
 
姫りんご曰く 「視界が悪いホワイトアウトの中 必至に雪かきしても追い付かなかった。 外出できなかた。 雪かきで減量した」とやつれた顔で言ってました。 
 
「ありがとう~。ありがとうね~」とお土産を出して 雪が止み家に着いた安堵で熟睡。
していると 夜中に除雪車がドドドッと入り 玄関前に大きな雪の塊を 翌朝どっさり置いて行かれました~。
 
朝疲れた身体で 雪かき作業に精を出すこと1時間。 もちろん今日は筋肉痛。
 
 
 今回の旅行で 出発時に”時計大好き”の私が腕時計を付け忘れて 「沖縄の旅」は自分の感覚を信じて行動する。と決めてました。
 
案の定 自然災害による非常事態を体験して スケジュール調整のアクシデントも色々あり その度携帯電話の時刻と夫の腕時計 体内時計と自分の感覚を頼りに 地域差のある自然現象と情報量の少ない状況の中を フルに稼働して対応しました。
 
これからも起こるだろう予測不能の災害時 瞬時の気力・体力・集中力&判断力・適応力を試され感があります。 
 
 夫の感性がかなり弱いことも知ったので ~自分と自分の大切な人の命は私が守ろう~と思いました。
危機管理が必要な状況時こそ 自分の五感感覚を研ぎ澄まして 冷静に対応すること。を確認しました。