虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

金華山黄金山神社は 無事です!!

 関東地方では 観測史上初の11月の積雪に見舞われておりますが 気をつけてお過ごしください。
 
2011年の東日本大震災で 震源地に一番近い宮城県沖の霊島・金華山黄金山神社は 甚大な被害を被りました。
しかし この度の地震では建物や境内等にも被害が無かったとのことです。
 
神縁で繋がる79歳のMさんは 5年半前の震災以後 神社に住み込こんで復興活動に余生を投じていました。
22日に震度5弱の地震津波が上陸して せっかく再建した箇所が崩れていないかと案じて 23日朝の電話を入れました。
 
Mさんは元気な声で「長い揺れで不気味だったけれど 黄金山神社はどこも壊れていません!! 関係者方々も 皆無事です」とお話してくれました。 安心しました。
 
これもMさんと共にご奉仕活動を続ける富山のKさんや 全国から集まるボランティアの方々のご尽力のお蔭かと思います。
 
Mさんは こうも語ってくれました。
「震災で崩れたと山門や燈篭には 震災の教訓をいかし 技術を駆使して強固な修繕をしたのです。 この先もずーっと大丈夫です。 金華山で待ってますから 虹りんごさんもご参拝に来て下さい」と・・・。
 
もう少し近ければ「今直ぐにでも 行きたい。」と思いを馳せます。
 
イメージ 1
                                        ※ 2013・10・27 金華山埠頭