虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

久しぶりに 黒猫りぃちゃん

  半年前に老猫夢々君(享年20♂)を看取り 普段通りに暮しているつもりでも 家の中に夢々君の気配を探して 夫と二人で長い間”夢々君ロス”に陥ってました。
 
そんな風でしたから   我が家のもう一匹の黒猫・りぃちゃん(12歳♀)がこの半年間 寝てばかりだったことも気にかけられませんでした。
 
元々娘が飼ってた2歳のりぃちゃんを 先住猫の夢々君がいる我が家に引き取ったのは10年前。
その日から賢いりぃちゃんは 波風立てぬよう先輩猫・”夢々君ファースト”で過ごしてました。
 
二匹の猫はつかず離れずに暮らし 夢々君が亡くなって残されたりぃちゃんは 思いついて家じゅうを探し廻ったり 夢々君オーブが視えるのか 夜中に暗がりに向かって鳴いたりしてました。
 
たぶんりぃちゃんも 夢々君ロスだったんだと思います。。。イメージ 1
                      ※ 部屋の探索中
 
ここに来て 「大好きな夢々君が 本当にいなくなった!!」ことを理解したようで 「虹りんごママとパパを 独り占めしても大丈夫!!」と思ったようなのです。
 
そして  りぃちゃんは”自分を見てくれ!! 可愛がってくれ!!”とばかりに 私たちの目の前でゴロンとお腹を見せて 甘えるようになりました。
 
エンジェルヒーラー猫として 最後まで夢々君に寄り添ってくれたりぃちゃんを これまで以上に可愛がるつもりです!!
 
イメージ 2