虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

18年前 母の葬式後に見た夢

 先日長男が 母の日プレゼントの先渡しといって 人気餅屋の”ちぎり餅と団子”を買ってくれました。

そう言えば5月3日は 餅好きだった私の母の18回目の命日だったと思い出し 「母の日」繋がりで仏壇に そのまま餅をお供えしました。

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 18年前の大型連休の前日。

長患いで 入退院を繰り返していた母の容体が急変して 私は札幌から気仙沼へ急いで帰りました。

 

「今回 母は旅立つことになる!!」と予感していたのは私だけ。

他の身内は「母は いつものように退院して言に帰って来る」と信じて 葬儀業者を決めていませんでした。

5月3日午後 田舎の大病院の担当医はGW休暇のため不在。

昏睡状態だった76歳の母は 担当医が不在でも指示に従うレントゲン技師よる レントゲン画像の撮影中に亡くなりました。

バタバタしながら様々な想いは湧きましたが やっと探した葬儀会社の車に乗る母を見送ったのは 当番の若い医者と看護師のみでした。

 

霊安室にも行かずに葬儀会場に直行したのは4時半頃で お腹を空かした父親(当時75歳)が 近所のスーパーに食べ物を買いに行くと 連休中もあり品数が少なかったとかで 売れ残りの”餅パック”を2.3個買ってきました。

 

私と妹は食欲も無く 父親だけが 買ってきた餅パックを一人で全部 バクバク平らげたのです。

 

翌々日葬儀を終えて実家に戻った夜 私が病院看病からの疲れでぐっすり眠っていると 「母のお葬式は終わっているから これは夢だ!?」と 寝ているはずの意識が夢だと気づいている不思議な夢を 立て続けに見たのです。

朝になって実家に泊まっていた妹に その話をしました。

 

最初の夢は 母と私の2人が エレベーターに乗って上の階に昇ろうとするのですが 突然途中の階で止まって 動かなくなったのです。

母は私の手を振りほどいて「下の階に戻る!!」と騒ぐのですが 「このまま上に昇ろう」と 私は必死になだめていたのです。

 

場面が変って2つめの夢は 

母の遺影が飾られた葬儀会場で 喪服姿の参列者全員が 臼を囲んで餅つきをしていました。

各々が くるみや餡子などの好みの味を主張して譲らず 仲違いしながら別々に食べていた夢でした。

 

元々実家は霊能家系で 私たちは「神さま婆ちゃん」と呼ばれた祖母の孫たちなので 夢や神仏の不思議な話は 実家内では当たり前に話せたので 姉妹で”夢に現れた母の言い分”を解きました。

 

● 母が乗ったエレベーターの上昇が 途中で停止したことには 心当たりがありました。

母は亡くなるまでの数日間 酸素マスクをつけることを嫌がり 自分で外してました。

病院側からは 「マスクを外さないように 手をベットに縛りましょう」の提案があったのですが 母が可哀想で私が拒否したため 私が手を繋いでずっと看病していたのです。

妹には その様子を画像で送信してました。

たぶん母の手を掴んだままだから 母の魂が上へ昇れずに彷徨っているのかと判断しました。

早速 画像を消去して線香を焚いて「成仏するよう」に拝んだら 翌日からその夢は見なくなりました。

 

● 母の葬儀会場での”餅つき”は 亡くなったばかり母の枕元で 線香と花は供えても 「誰も 大好きな餅をお供えしなかった」と 食い意地の張った母が恨んでいるのかもと思い その日のうちに餅をお供えしました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これまで母の命日には お菓子はお供えしても 何かと言うと餅が出て来て来る東北の実家の風習にうんざりしていたので 私が仏壇に餅をお供えすることはなかったのですが 長男の家は餅好きで 美味しそうな餅屋さんを見つけると つい買ってしまうのだとか。

 

食いしん坊で餅好きな母が 孫である長男に耳打ちして 餅を買わせたのかも・・・と思うような妖しい話でした。