虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

忘れられない味 「東千歳バーベキュー」再び

   食べものの美味しい記憶は数々あるけれど 「もう一度食べたい」と思う味には中々出合え無かったのですが 12年前に食べた”炭火焼きチキン”だけは 折あらば「もう一度食べたい」と願ってました。

 

そのとき連れて行ってくれた長男には 「千歳の納屋で食べた”炭焼きチキン”が美味しかった!!」とは伝えていたので この度 正式名「東千歳バーベキュー」に再訪。

注意事項は ただ一つ「匂いがついても大丈夫な服装で」とのこと。 

 ※ 一番奥に見える元牧場の納屋が「東千歳バーベキュー」

 

到着時刻は お昼に少し早い11時20分。

ブロックで作られた焼き場前の 簡易なイスに案内されて座ります。

 

大人2人&子ども1人の私たち。 

・鶏肉 2人前2000円 ・野菜1人前 300円 ・ご飯1人前 200円を注文。

各々がボリューム大なので この量でも皆が満腹となりました。

飲み物は 冷蔵戸棚から自分で持ってきて 清算の際に自己申告払いの大らかさ。

 

12時前には 50人は座れる広いバーベキュー会場が満席となり 空席待ちの人が並んでました。

 

天井の高い納屋の中で 鶏肉の半身を炭火で焼いただけなのに 身の締まった鶏肉の歯ごたえと 素材の濃い味わいが最高に美味しい。

鉄板で炒められた野菜の甘さも 絶妙加減で肉の旨さを引き立ててくれます。

 

店の人が網に乗せてくれた 塩水に浸した鶏肉の半身??に 胡椒とドリンク瓶に入れられた通称・”魔法の粉”が 高い位置から大胆に振りかけて固い炭で焼く。

そのシンプルな調理法が 野趣に溢れた素材の良さを引き立たせてくれて 極上にただただ美味しい。

ご馳走様でした!!

 

nijinoringo.hatenablog.com