虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

東日本大地震 気仙沼掲示板 「虹りんごの樹㉖」 ~繋がり~

 3月11日の震災日から、 「あれから 何日が過ぎた・・・」と 物事の全てを考える自分がいます。
 
父の物資支援に区切りがついて、被災した親戚や知人友人と物資連絡を取っていると、「明日からの生活の目途がたっていない」と、電話の向こうで淡々と話します。
 
今ここにきて震災の悪夢から目覚めて やっと自分の気持ちを 言葉に出せるようになったみたいですが 被災した人達は皆疲れきっています。
 
余震や原発、物資や義援金と全てが滞り、不安が増しています。
これ以上の心配事は、勘弁してください。と願わずにはいられません。
 
イメージ 1
震災の影響が無く、大らかに暮らす札幌の人達と、実家や故郷を失った私との間に気持ちのズレがあるように、被災した人達と被災していない私との間にも、会話のズレがあるのかもしれません。
 
が、気仙沼の皆々は「まだ落ち着いていなし、特に鹿折に帰るのは当分無理だから、もう少し後で帰っておいで」と、こちらを気遣ってくれます。ありがたいです。
 
つむぐ繋がり、ほどける繋がり・・・・
未曾有のこの時期、私は色々学びました!!
 
今回学んだことを、この先の人生で必ず役立てます。