虹の旅人

2011年3月11日 故郷が消滅して 人生はNext Stageへ

北海道大雪山の神様に学んだこと

 本日の札幌は雨降り。
午後には冷え込み 明日には天気予報図には雪だるまが付いていたので スケートリンク並みのツルツル道路になりそうです。
 
地球が温暖化しているとはいえ ”最近の北海道の自然界の摂理が乱れてる。土地の磁場が弱っている。
”何かが変?と思っても 私達はこの北海道 日本 地球で暮らして行かなければなりません。
 
2年前 品川神社前のホテルに宿泊した私の元へ ニギハヤヒと名乗る素敵な佇まいの神様が 大雪山に戻る前の早朝に 会いに来てくれたことがあります。
 
私は素敵な神様にもう一度お会いしたくて アイヌ語で「カムイミンタラ」「神々が遊ぶ庭」と呼ばれる北海道大雪山系で一番高い山の旭岳に登りました。
そのときに ”自然災害は 自然界の摂理によるものだ。”と教えて頂いたのです。
 
-------------2015・6・11ブログより転記-------
五月の連休でも雪を冠った山は雄大で感動する程美しく その山に向って私はいつものようにご挨拶の後に 「北海道を 自然災害から守って下さい」と お願いしました。 
 
すると どこか近くでふっと空気が緩み 「仕方ないな~」の気配が漂いました。
 
~~~「あなたは 自然災害から人間達を守って欲しい。とまた神々にお願いをするのですか。 

東北の震災が起きるずっと以前から 三陸を”清めの祓い”で動いていたあなたが”故郷の土地を守って欲しい!!”とずっとお願いをしてました。 
果たして神々はその願いを聴いて あの大震災を防ぐことができましたか。

その後の惨状を 一番知っているのは あなたではありませんか。
 
地球に天変地異の地震津波 噴火が起きて 何処かの土地の磁場が歪めば 何処かの土地にも異変が起きて何処かが歪む・・・。
地球上では 全てが正と負 裏と表 ・陰と陽 その理(ことわり)こそが ”自然界の摂理”なのです・・・。」
 
「世界の雛形と言われる日本を これ以上被災の地としないために・・ 
最小限の被害で阻止するために・・・ 
神々と共に今人間に何ができるか。
そのことを考えることが大事。そのことに気づいて下さい。 できることから始めてさい。と
神々は人間達にずーっと前から促しているのです。。。」と 
ニギハヤヒ様が 私を教え諭すように そして穏やかに伝えてきます。~~~
 
 
そう言われてみれば 三陸のときと同じように私は 「神様にお願いさえすれば 人間を災害から守ってくれる」と 一方的に神頼みのお願いごとをしてしました。 
 
自分の依存心の強さを棚に上げて 「それなら人間が幸せに暮らすことを 誰にお願いすればいいのですか?」の気持ちも湧いてきます。
 
神様に繰り返しお願いごとをしようとした愚かさも恥ずかしく 何だか情けないのですが 旭岳の神様・ニギハヤヒ様に教えて頂いた”自然界の摂理”の理(ことわり)は 頭では理解しても 私が飲み込むには重すぎる言葉でした。
 
          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あれから1年半 伝えられた言葉は今はもっと深刻化して 更に重みが増しています。
                                                              
                  2016/8/29 虹のベールに覆われた大雪山
イメージ 1